ダイコンの害虫
TOP 園芸害虫図鑑

【   科 】 アブラナ科
【 害 虫 】 アオムシ、カブラハバチ、ハイマダラノメイガ(シンクイムシ)、ヨトウムシ、アブラムシ、 
ハスモンヨトウ
【 季 節 】 春〜秋
【 防除法 】 寒冷紗の利用
【 駆除法 】 捕獲


<ハイマダラノメイガ> 一般にはシンクイ虫と言われています。この害虫は大根の葉がまだ小さい時期に 食害するため被害は致命的になります。苗の芯に巣を作って食害するので新芽が食べられてしまうのです。 被害が多い場合は新たに大根の種を蒔いて栽培するしかありません。この害虫は夏が暑い日が続いた 年に大発生するようです。

<アオムシ> ダイコンの葉が大好きなので被害は大きい。
放っておくとダイコンの成育に影響を及ぼします。
特にまだ苗が小さいうちは駆除に努めないとその後の健全は成育は望めなくなる。
アオムシの幼虫の色は野菜の葉と同じような色をしているのでよく見逃してしまう。
手で捕まえるのがいやでしたらピンセットで捕獲しましょう。


<カブラハバチ> 被害も大きい。幼虫はそれほど大きくはないが数が多いので被害が大きくなる。
黒色をしているので目立ちやすいので捕獲しやすい。


TOP 園芸害虫図鑑