コマツナの害虫
TOP 園芸害虫図鑑

【   科 】 アブラナ科
【 害 虫 】 アオムシ、ヨトウムシ、カブラハバチ、ナメクジ、カタツムリ、アブラムシ
【 季 節 】 春〜秋
【 防除法 】 寒冷紗の利用、成長に応じて間引き、株の間隔を取り通気性を良くする。
【 駆除法 】 捕獲


アオムシの被害も多い。幼虫は大きくなると1匹でも相当の量を食害する。
体色もコマツナと似ているので見落としてしまうことが多く気がついたら 相当の被害がでてしまうことになる。葉の裏まで観察して捕獲に努めよう。


カブラハバチの被害も多いのでよく観察して捕獲する。 色が幼虫は色が黒いので発見しやすい。捕獲しようとすると 葉から落ちて地面に逃げてしまうので注意しながら捕獲する。 ピンセットを使うと捕獲しやすい。


コマツナの葉が食害されているが幼虫を探しても見当たらない場合は ヨトウムシが考えられる。日中は野菜の株の土の中に潜んでいるので 気がつかない。夜になると活動し始めるので暗くなってからライトで 照らしてみると発見することができる。


コマツナの葉が食害されているが幼虫を探しても見当たらないず ヨトウムシも発見できないときはナメクジの可能性がある。 晩春から夏になるとたくさん発生してくる。ヨトウムシと同じように 日中は株の脇の土の中に潜んでいて夜暗くなると活動し始める。 夜になったらライトをつけてよく観察してみよう。発見したら捕獲しよう。 捕獲した後地面に置いて塩をかければすぐ死んでしまう。


TOP 園芸害虫図鑑