ナスの害虫
TOP 園芸害虫図鑑

【   科 】 ナス科
【 害 虫 】 テントウムシダマシ、ナメクジ、カメムシ、ハダニ、オンシツコナジラミ、アブラムシ
  アザミウマ、ヨトウムシ 
【 季 節 】 晩春〜秋
【 防除法 】  
【 駆除法 】 捕獲


ナスの害虫はなんといってもテントウムシダマシでしょう。 正式名はニジュウヤホシテントウです。葉をかじりながら食べていき独特な かじった後が残っています。


テントウムシダマシの幼虫でやがて成虫になります。


テントウムシダマシがいるのに放っておくと葉は芯だけになり ナスの成育はいちじるしく損なわれます。葉は太陽の光で 光合成をしているので害虫にやられてしまうとそれができなくなります。 早めの対策、駆除に努めましょう。



アブラムシも発生すると被害が大きくなるのでよく観察しましょう。 ナスの新芽が芽が出始めた時に被害を受けると生育が大きく劣ってしまいます。 アリがよく見かける苗にはアブラムシがいる可能性が高いのでアリの存在で アブラムシの被害に気が付く場合も多いのです。


アブラムシは小さいので気が付きにくいのですが良く葉を観察すると発見することができます。 アブラムシは葉などの裏に発生している場合が多く葉の裏も観察しましょう。 アブラムシは葉の汁を吸うので苗の生育が劣ってきます。葉の色は悪くなり、艶が亡くなり 生命力が落ちてくるのです。早めの駆除が大切です。駆除で一番効果があるのは水道の ホースで流してしまうことです。ホースの先のノズルを高圧シャワーにして苗を痛めない程度の圧力で アブラムシを吹き飛ばしてしまうのです。


TOP 園芸害虫図鑑